勝手に広告シリーズ vol.01

みなさまおはようございます。こんにちわ。こんばんわ。どーも綱街です。

今日から不定期で「勝手に広告シリーズ」を始めます。第1回のテーマは『HOMERUN』です。

 

「笑いが止まらない」

katte1.jpg

 

「踊りが止まらない」

katte2.jpg

 

「今晩泊まらない?」

katte3.jpg

デルモのチャンネーは僕の母の友人です。

決してネガティブなことが言いたいのではなく、少しでも楽しいカッコつけないカッコいい雰囲気が伝わればと思います。1回で終わる可能性もあります。

HOMERUN』←コチラから!

 

ちゃお!

痺れた

conguraturation.gif

楽園くん

みなさまおはようございます。こんにちわ。こんばんわ。どーも綱街です。

わりとあちこち(歌丸のPodcastなど)で言われていますが「闇金ウシジマ君」の16巻『楽園くん編』が面白いです。

毎回内容がえぐいですが、今回はいわゆる読者モデルと呼ばれる人が主人公です。

 

o0240040010266720564.jpg

お洒落して雑誌に載ることが生きがいな、洋服を作る方が舞台ではなく、

産業さん的にいうと消費する人のお話です。

歌丸さんがたまらんと言っていた、

お洒落グループに入りたい主人公が話しかけるところを一部抜粋。

 

主人公「仲良くなってくださいよ〜」

主人公「俺もこの雑誌出たことあるんすよ〜」

主人公「その服良いっすね〜、どこどこの、なんとかかんとかで〜」

お洒落グループ「お前うざいよ」

 

こんなことを言われたら確かにたまらんですよ!すると主人公は泣きながら、

 

主人公「この待ちで気楽に遊んでる連中と違って俺にはなんもねえ!同級生が大学卒業する22歳までに俺は何者かになりてぇーんだ!お洒落な人間になれば、金持ちとか芸能人とかと仲良くなれて上手い話しにありつける!俺のサクセスはそれしかねぇーんだ!」

 

つまり、お洒落だけが個性なんてのはアブねーよっていう事かと思います。

でもこの価値観って日本の若者の中に確かにあると思います。

前にニュースでこういうお洒落が生きがいな若者にインタビューしてたんですけど、

その彼曰く「負ける気しないっすねー」言ってました。

「えっ何に?勝ち負け?」と思いましたが。

 

まぁとにかくこの漫画おもしれーよって事でした。

 

20080506141420.jpg

余談ですが、

MSC最狂人物東京下町六丁目団地 Libraのオカルト担当こと下町のナポレオン"O2"がNewアルバムで「闇金ウシジマくん」をモチーフにした曲をやるようです。

楽しみっす。

 

ちゃお!

エロス

みなさまおはようございます。こんにちわ。こんばんわ。

どうやら僕は今、第2の思春期に入っているような感じがします。

思春期終わって10年近く、枕がほんのり臭い今頃、もうちょいでアラサー?っていうそんな今頃。けっしてネガティブなものじゃないんす。

上手く言えないですがshing02風に言うと「好きだけれど嫌々やってる」でしょうか?

 

まぁよくわからねー冒頭で申し訳ないですが、今回のテーマを「エロス」にしてみようと思います。いきなりですが、昨今のAV女優たちの顔面の可愛さは異常だと思います。

これみんな整形なのでしょうか?まぁそんな野暮なことはどうだっていいですね。

 

SRXV-814_l.jpg

先日「ANARCHY BOOK CENTER Part2 "Fuck The System"」に行ってきたんですけど、

 

20091012_1502288.jpg

そこで展示されていた、君塚裕さんという写真家の方の作品が展示されていました。

その写真がすげーかっこ良かった。 ホームページはコチラ

 

なんていうか、写ってる女性のカラダがギラッとしてて、おっぴろげちゃえばいいっしょ的や、カッコつけた感じや、あざといお洒落感や、品のないエロさではなく、ストレートな感じがしてスゲーかっけーなぁと思いました。またまた見に行って良かったです。

THE LAST GALLERY次はこの人がやるかもしれないなんて言ってましたよ。

 

ちなみに小耳に挟んだ話ですが、豊胸手術をするとパイオツが感じなくなったり痛くなったりすることがあるそうです(マジで)。要注意や!

 

ちゃお!

ゲージュツの秋

みなさまおはようございます。こんにちわ。こんばんわ。どーも綱街です。

今日は季節がら、最近見た作品展について。

『SHOHEI TAKASAKI Exhibition “splithead”』

dm.jpg

実際に作品たちを見た感想としては、なんとも上手く言えませんが、なにがどうだとか、どうじゃないとかではなく、作品からすごいパワーや楽しさみたいなものを感じました。どーにも上手く感想を伝えられないんですが、行って良かったなぁと感じました。

詳しくはこちらをご覧ください。

ちなみに展示が行われていた、青山PLSMISの向かいにある定食屋さんもハイクオリティでした。

 

続きまして、

『iNK SPOT 1977 EXHIBITION』

inkspot1017.jpg

コチラも作品からすげーパワフルな印象を受けました。人がたくさんいてもっと落ち着いてゆっくり見たかったのですが、観に行って良かったなぁと思いました。

 

こーゆう、展示とか見るといつも思うのですが、感想書くのが難しい。ってこと。

評論家チックなことや、曲線がなんチャラとかは書けないしね。この他にも最近はわりと作品展などを見る機会が多いのですが、実際に目の前で見ることが大事な様に感じます。

その時の雰囲気、作品のある空間にいる的な感じみたいなげろげろー。

今日はこれにて失礼するでゴザルでアナルでオナル。

 

ちゃお!